プラスマイナスゼロ料理

流しそうめん、うまい!

ある日家族で、夕飯は サムギョプサルに しようと話していると、息子が「サムギョプサルは、プラス マイナス ゼロだな。」と、つぶやいた。

サムギョプサルとは、豚の三枚肉厚切りを卓上の鉄板で、こんがり焼いて、サムジャンという合わせみそをつけ、ねぎやキムチと一緒にサンチュなどの野菜で包んで食べる韓国料理だ。

彼は、肉は好きだからプラスで、焼いた肉を野菜で巻いて食べるのがめんどくさいからマイナス。それでプラスマイナスゼロになるらしい。

肉を野菜で巻いて 食べるところが楽しいと思っていたので、そこがマイナスとは驚いた。

家族で鉄板を囲んで、お肉を焼いたり、野菜で巻いたりして、にぎやかに食べる食事は、母親である私は楽しくても、若い息子にしてみれば、めんどくさいのかもしれない。

私も若いころを思い返してみると、そんなときがあったなあ。

しかし、いざ夕飯になると、息子は娘と勝手に係を決めて、娘は鉄板でお肉を焼き、息子はキムチを焼いて、はしゃいでいる。

ああああ、鉄板は焦げ焦げ、テーブルもベタベタ。片づけるのが大変だ。

私にとっては、食べ終わるところまでがプラスで、片づけがマイナスだが、おいしい+楽しい-片づけ+体重=ゼロではない。

こらぁ!

作成者: rs1501200

ふんわり、ぷっくりのイラストで絵本をかいています。 リスやこぶたなどの動物のイラストが得意です。 千葉県在住