ギリギリにならないとできないタイプ

 小学生向けのイラストや工作のワークショップをしていると、隣の子にちょっかいを出して大騒ぎしていた子が、残り10分足らずでなかなか魅力的な作品を作ったりする。もっと早くやればいいのにと思うが人のことは言えない。夏休みの宿題はいつもギリギリ間に合わせたタイプだ。大人になって少しは早めにやるようになったが、しかしギリギリになってひょっといいのが出来るときがあるからなあ。

「真似しないで」となりどうしは、作品が似てしまう。

作成者: rs1501200

ふんわり、ぷっくりのイラストで絵本をかいています。 リスやこぶたなどの動物のイラストが得意です。 千葉県在住